包茎手術で悩み粉砕|スッキリ爽快!自信を持てる!

先生

性病や臭いを防ぐ

男性

包茎は放置するよりも、包茎手術を受けることが大切です。その理由としては包茎はいろいろな病気のリスクが高くなるからです。病気になってからでは遅いので、包茎手術で少しでも病気になるリスクを減らすことが重要です。

包茎は皮を被った状態なので、細菌が溜まりやすいと言われています。細菌が溜まることでいろいろな感染症に発展することがあります。例えば、代表的なものと言えば性病です。例えば、性器ヘルペスです。性器ヘルペスは性病の中でも包茎の人に感染しやすいと言われています。包茎の人は普段皮を剥くことができないので、包茎手術を受けた後に、ヘルペスに感染していたことがわかるケースが多いです。また、包茎の人は細菌が溜まりやすいので、性行為がなくてもペニスが不潔になることで、亀頭包皮炎という性病にかかることもあります。亀頭包皮炎は、亀頭が腫れてしまい、悪化すると膿が出てくる病気です。性病に感染してしまうと、HIVウイルスに感染する確率も、通常よりも倍以上に高くなると言われているので、包茎の人は早めに包茎手術を受けるようにしましょう。

包茎手術を受けることで、性病にも感染しにくくなりますし、常にペニスを清潔に保つことができます。また、包茎の人は普段からしっかり皮を剥いて洗うことが必要になりますが、痛みで皮が剥けない人もいます。その為、汚れやアカなどで悪臭が発生することもありますが、包茎手術を受けることで臭いを防ぐこともできるメリットもあるのです。